マチルダヘアー【大阪/藤井寺】

reason

女性ならではの
薄毛の原因を解明しよう!

薄毛の悩みは決して男性特有のものではありません。
女性の皆様でも薄毛に悩む方は多くいらっしゃいます。
では、女性で薄毛となってしまう原因とは?女性ならではの薄毛の原因を解明しましょう!

女性の薄毛の原因は
大きく分けて3つ

  • 加齢現象

    加齢現象

    髪の毛の密度は20代がピークといわれ、太さは35歳をピークに細くなりはじめると言われています。
    40代になると、髪のハリやコシの衰えが目立ちはじめ、白髪や薄毛、抜け毛といった形で「髪の老化」が顕著に現れます。

  • ホルモンバランス

    ホルモンバランス

    女性ホルモンが乱れると、薄毛を引き起こすと言われています。
    ストレスや過激なダイエットはホルモンバランスを乱す要因になりがちなので、たっぷりと睡眠を取り、リラックスした毎日を過ごしましょう!タバコやお酒もNG!

  • ストレス

    ストレス

    家庭内の問題や恋愛のこじれ、社会不安、仕事や人間関係など現代社会はストレスがたまりがち。ストレスをためることも女性の薄毛の大きな原因のひとつです。
    また、ストレスが原因で薄毛になり、その薄毛を悩むことでまたストレスを抱える負の螺旋にハマってしまうことに…

女性の薄毛はFAGAかも!?

女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れと血流の低下です。
女性ホルモンは、髪の成長に大きな影響を与えています。

エストロゲンと言われる女性ホルモンは、「髪の毛の成長を促す」「髪の毛を豊かに保つ」「血流改善」「免疫力の強化」など髪の健康に大事な要素がたっぷり!

ホルモンバランスが乱れ、エストロゲンが低下してしまうと、髪にうねりやパサつきが目立つことから始まり、1本1本が弱々しく細くなってボリュームの低下をきたし、薄毛(抜け毛)という症状につながりやすくなってしまいます。

女性ホルモンの乱れによる薄毛は「FAGA」と「びまん性脱毛症」があります。
FAGAとは男性型脱毛症AGAの女性版でFemale AGAの略称で女性男性型脱毛症と呼びます。

体的に薄くなっていく「びまん性脱毛症」とは反対に、「ここが薄い」といえるようなはっきりした薄毛の部位があるのが特徴です。

女性の薄毛、
ひとりで悩まないで!

ストレスと闘う現代、薄毛に悩む女性は、実は非常に多くなってきています。
細い産毛のまま髪の毛が落ちてしまっているという場合は、頭皮や毛根に何らかのトラブルを抱えている場合が多いのです。
女性の場合は特に、皮膚科などの一般的な病院ではなく、髪専門皮膚科クリニックと提携しているマチルダヘアーで、専門的な診断を行ってみましょう!